練馬区で入れ歯・義歯をお考えなら

〒176-0002 東京都練馬区桜台4-4-5
西武池袋線「練馬駅」より徒歩3分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:00 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

03-3992-5316

当院の入れ歯治療の特徴

症例実績1,000以上の日本補綴歯科学会専門医

当院で入れ歯治療を担当するのは、日本大学歯学部歯科補綴学講座出身の院長です。

「補綴学(ほてつがく)」とは、入れ歯や被せ物、噛み合わせを研究する分野のことです。院長は歯学部卒業後、日本大学歯学部局部床義歯学講座に在籍し、入れ歯や噛み合わせについてさらに深く研究してまいりました。

また、院長は日本補綴歯科学会の専門医の資格も取得。この資格は、学会にその治療技術や知識・実績を認められた歯科医師だけが取得できるものです。

診療を続けながらも常に研鑽を怠らず、これまで25年以上(※)にわたって入れ歯治療を手がけてまいりました。その数は実に1,000症例以上(※)にのぼります。

よく噛める、痛くない、外れない入れ歯を作るには、治療過程での「精密な型取り」や「噛み合わせの分析」が不可欠です。そして、これらの技術の習得には豊富な経験の積み重ねが必要であり、すべての歯科医師が対応できるわけではありません。

その点、補綴科での研究を続け、学会に認められた技術や知識・数多くの治療実績も持つ院長なら、噛みやすい入れ歯をお作りできます。入れ歯が痛んだり噛みにくかったり、あるいはガタつく、落ちるなどのお悩みを抱えていらっしゃる方は、ぜひ一度私どもにご相談ください。

顎関節の分野で歯学博士号を取得。あごに負担の少ない入れ歯を

院長は「顎関節力学(がくかんせつりきがく)」の分野で、歯学博士の学位を取得しています。そのため、あごの関節の知識も豊富で、顎関節症(がくかんせつしょう)の患者さまの入れ歯治療も可能です。

お口に合っていない入れ歯を使っていると、顎関節症を引き起こしやすくなります。入れ歯治療を担当する歯科医師に顎関節の知識があれば、あごの関節の構造や動きも考慮した、負担の少ない入れ歯をご提供できるのです。

時間をかけた丁寧なカウンセリング

患者さまのお口の状態は、一人ひとり異なります。入れ歯もまた同様です。つまり入れ歯治療とは、ひとつとして同じものはできない治療だと言えるのです。

お口の状態を判断するポイントは複数あります。歯が残っているか残っていないか、残っているなら何本残っているか、残っている場所はどこか、などです。こういったポイントによって、そのお口に適する入れ歯の形が変わります。さらに入れ歯を支える歯ぐきの厚みや弾力、あごの骨の量によっても、適切な大きさや厚みが変化します。

それに加え、患者さまのご要望やお悩みも人それぞれです。中でも、入れ歯では硬いものが噛めない、しゃべったり食事をしたりすると入れ歯が外れやすい、といったお悩みを訴える方は少なくありません。

治療を行う側からすれば、「それなりに食べられれば良い」のか、あるいは「何でも食べられるようになりたい」のかで、ご提案する治療方法が異なってきます。一見似たような症例に見えても、患者さまにとって本当に使いやすい入れ歯は一人ひとり違うもの。100人の方がいれば100通りの入れ歯を作製する必要があります。

そのため私どもでは、たとえ似た症例であっても画一的な治療は行いません。それぞれの患者さまに合わせて一から設計した、こだわりのフルオーダーメイドの入れ歯をお作りしています。

ご要望に最大限お応えするために

カウンセリングルーム

入れ歯の治療には多種多様な選択肢があるとは言え、「患者さまに喜んでいただける入れ歯をご提供したい」という思いから、当院ではカウンセリングを重視しています。

  • 今どんなことでお悩みなのか
  • どんな入れ歯がいいのか
  • 治療のゴールをどこに設定するか

カウンセリングでは患者さまとしっかり向き合い、上記のような内容を伺います。その時間はたっぷり60~120分をご用意いたします。

また、カウンセリングを担当するのは歯科衛生士ではなく、実際に入れ歯治療を担当する院長です。これも、患者さまのご要望を最大限、入れ歯に反映させやすくするためのこだわりです。

カウンセリングの際は、実際に入れ歯や写真をお見せしながら、患者さまのご希望やお悩みを丁寧に伺います。その上で、今のお口の状況だけでなく、将来のお口の状態まで考慮した入れ歯をご提案いたします。さらに患者さまとご一緒に、治療のゴールを設定し共有するのも、私どものこだわりのひとつです。患者さまがお求めになる入れ歯のイメージをしっかりと具体化することで、後になってから「思っていたものと違う」といった事態を防ぎます。場合によってはご家族も同席のもと、カウンセリングを行うことも可能です。

入れ歯治療は時間も費用もかかる治療です。患者さまのお口の悩みを解決し、ご満足いただける入れ歯をご提供できるよう心がけています。

患者さまのためにこだわり抜いた治療工程

当院では、完全オーダーメイドの入れ歯治療をご提供しております。既成の道具や決まった素材ではなく、患者さまのお口の状況と目指す入れ歯に合わせて、豊富な材料・治療工程からより適したものを厳選いたします。

一つひとつの治療工程にこだわり、時間をかけることは、一見すると遠回りに見えるかもしれません。しかし実はそれが、快適に使える入れ歯を作るための近道となるのです。

私どもでは入れ歯治療のそれぞれの工程にこだわりを持って、治療を進めてまいります。

患者さまのお口に適した道具、素材を厳選

部分入れ歯を作る際、当院では患者さまのお口のサイズに合わせた「個人トレー」をオーダーメイドで作製しています。

トレーとは、型取り材(印象材:いんしょうざい)を載せる枠のことです。この個人トレーを使用すれば、一人ひとりに合わせた、より丁寧な型取りが実現します。その結果、お口にフィットする入れ歯へとつながるのです。

また、印象材の素材についてもこだわっています。すべての方に同じ印象材を使うのではなく、患者さまごとに選択します。例えば、歯ぐきにきちんとフィットするガタつかない入れ歯を作るためには、弾性の少ないシリコンの印象材を使う、といった具合です。

このように型取りの段階から道具や素材を厳選し、より精密な治療を行っています。

総入れ歯は「治療用義歯」でお口の動きを徹底分析

どんなに足しげく歯科医院に通っていただいたとしても、歯科医師が拝見できるお口の状態・機能は限られています。実際の生活でお口がどのように動いているかを完全に把握できないと、目指す入れ歯の理想も決まりません。

そこで私どもの歯科医院では、総入れ歯をご希望の方には、まず「治療用義歯」を作製しています。

日常生活でこの治療用義歯を使っていただき、粘膜の動き方やお口を動かした際の入れ歯の動きを徹底的に分析。その上で、その方に合う理想的な入れ歯の形を見つけ出すのです。

これまでお口に合わない入れ歯を使っていた方は、特に注意が必要です。合わない入れ歯を使い続けると、粘膜の形が変形したり、筋肉を上手く使えなくなっていたりすることがあります。その状態で新しい入れ歯を作っても、筋肉が上手く動かないので、噛めない、飲み込めない、あごが痛いといった不具合が出てしまいます。

このように、合わない入れ歯で衰えてしまったお口の機能を回復させ、新しい入れ歯を迎えるためのお口作りをするのも、治療用義歯の役目です。

治療用義歯をご使用いただくのは、1か月~1年程度。その後は、治療用義歯をもとに最終的な入れ歯を作製していきます。通常より治療期間はかかってしまいますが、歯があった頃のような噛み心地を味わえる、お口にピッタリと合った総入れ歯の完成を目指せます。

一人ひとりに合った入れ歯を作るために

通常の入れ歯治療では、歯科医院で型取りを行った上で、入れ歯の土台に歯を並べていくといった実際の入れ歯作製の作業は歯科技工所で行います。

しかし当院では、土台に歯を並べるまでの作業を院長自らが行っています。患者さまのお口を直接見ているのは、歯科技工士ではなく、院長自身だからです。

どんなに技術力のある技工所に依頼しても、そこで働く歯科技工士は、患者さまのお口を直接確認していません。その方にとって本当にふさわしい入れ歯を作り上げるには、どうしても情報が不足しています。

こうした考えから当院の入れ歯の作製は院長が可能な限りの工程を自身で行い、その方に合った入れ歯作りを追及。また、院長自ら作製を行うのは、患者さまに少しでも早く新しい入れ歯を作って差し上げたいという思いからでもあります。

技工所に依頼する場合、模型の発送、作製作業、出来上がった入れ歯の発送や受取などでかかる日数も少なくありません。歯科医師の手で入れ歯の作製を進められれば、これらの期間を短縮することが可能になるのです。

より力を発揮しやすい噛み合わせを

噛む力をしっかりと発揮できる入れ歯をお作りするには、噛み合わせが重要です。そのため私どもでは、「フェイスボウ」という装置を使った噛み合わせ診断も欠かさずに行っています。

フェイスボウの診断では、噛み合わせの位置や歯の並んでいる位置の計測が可能です。この計測結果をもとに、患者さまの噛み合わせと歯並びを再現した模型を作製。噛み合わせに問題がないかを三次元的に詳しく診断していきます。そしてもし、噛み合わせに問題がある場合は、噛み合わせを調整する治療を行います。

噛み合わせに問題がある状態で入れ歯を作っても、お口に合う入れ歯は作れません。当院は噛み合わせに関する検査も行い、入れ歯が合わなくなる原因を取り除いてから作製することにこだわっています。

使い心地を追及。「噛む」ときにこそ快適な入れ歯を

歯並びや噛み合わせと同じくらい入れ歯にとって重要なのが、食べ物を噛むときの、歯への圧力のかかり具合です。なぜなら、入れ歯はただお口に入れるだけのものではなく、食べ物を「噛む」という行為のためにこそ必要な道具だからです。

圧力のかかり具合をきちんと調整した入れ歯は、お口の中で快適に機能します。そこで私どもでは部分入れ歯をお作りする場合、「筋形成」や「機能印象(ダイナミック印象、アルタードキャストテクニック)」を行っています。

これは、実際にお口を動かしている状態や、入れ歯に力が加わった際の、粘膜の型を取る手法です。実際に院内で食べたり飲んだりしていただき、入れ歯を入れたときの粘膜の動きをチェックします。

さらに、完成する一歩手前の段階の入れ歯に対して、粘膜部分の型取りを行います。こうすることで、実際にものを噛む際の動きまでを考慮した入れ歯治療を実現させているのです。

お口に入れたときの見た目を考慮

「入れ歯を入れたら顔のシワが増えたり深くなったりして、急に老けた顔になった」という話を耳にした経験はないでしょうか。このような事態になるのは、本来の噛み合わせの高さとは異なる入れ歯を入れている場合がほとんどです。

入れ歯を使っていても、若々しく楽しい人生を送っていただきたい。その思いから当院では、装着時の見た目にもこだわった入れ歯治療を行っています。

必要に応じて患者さまに若い頃の写真をお持ちいただき、入れ歯を作る際の参考にしています。これにより、患者さまのお顔に合う、自然な見た目の入れ歯作りを目指すことが可能です。

長くお使いいただける入れ歯をお作りします

私どもの歯科医院では、長期にお使いいただくことを前提として入れ歯を作製しています。とはいえ、入れ歯を作った後に、加齢などで歯を失ってしまうケースは珍しくありません。そうした場合には、入れ歯の範囲が広がる可能性もあります。

そのため当院の入れ歯治療では、入れ歯の範囲が広がっても作り直しをせず、修理対応で使い続けられるような設計方法や材質を選択しています。

あえて保証期間は設けておりませんが、目指すのは10年使い続けられる入れ歯です。実際に当院の患者さまで、10年間(※)、修理も調整もせずに快適にお使いいただいている方もいらっしゃいます。

通常、入れ歯の修理は歯科技工所に依頼するのが一般的ですが、前述の通りこれには時間がかかります。その点院長自らが入れ歯を作製する当院なら、修理も院内で可能です。長期間の使用という観点からも、院長に入れ歯作製の技術があれば、ご安心いただけるのではないでしょうか。

入れ歯にトラブルが発生した際、私どもにお持ちいただければ、可能な限り院長が修理対応を行います。

※2021年現在

通院できなくなったときも安心できる入れ歯治療を

歯を失ってしまった場合の治療方法として、入れ歯のほかにインプラントを考えている方もいらっしゃるかと思います。確かにインプラントも良い選択肢ではありますが、清潔面で不安が残る方法である点も、ぜひ知っておいていただきたいのです。

インプラントは定期的に歯科医院へ通い、メインテナンスを受けることが前提の治療方法です。万が一、通院できない状態になった場合、ご自身のお手入れだけでは良い状態を保つのが難しく、インプラントの状態も良好に維持しづらくなります。

その点、入れ歯は脱着から洗浄まで、患者さまご自身で行える点がメリットです。何らかの理由で通院できなくなっても、引き続き清潔な状態を維持して使い続けられます。

当院が入れ歯治療に力を入れる理由のひとつはここにあり、今だけでなく将来的にも患者さまのメリットがあると考えています。

入れ歯治療はお身体にも優しく、
患者さまの負担も少ない

入れ歯とインプラントを比較した際に、私どもが入れ歯をおススメする理由がもうひとつあります。それは、入れ歯には外科的な処置が必要ないことです。

患者さまによっては全身の持病や服薬の状態により、外科治療が難しい方もいらっしゃいます。インプラントはあごの骨に人工の歯の根を埋め込むため、治療時だけでなく、不具合が発生した際にも外科処置が必要になるケースが少なくありません。また費用的・時間的な負担が大きくなる場合もあります。

入れ歯なら、こうしたデメリットやリスクを回避できます。患者さまにかかる負担が少なく、修理もインプラントに比べて対応しやすい治療方法です。

以下のページもご覧ください

当院のこだわりの入れ歯治療について、詳しくご説明するページです。お使いの入れ歯が合わないという方もぜひご相談ください。

私どもがご提供する入れ歯治療の種類と、それぞれの治療方法や費用についてご説明しています。

一般的な入れ歯治療の流れについてご説明します。ぜひ、診察前にご確認ください。

患者さまからの「よくある質問」にお答えします。他にも知りたいことがありましたら、お気軽にスタッフまでおたずねください。

待合室や診療台の様子、当院で導入している最新の設備などについてご紹介します。

当院では入れ歯治療でお悩みの方へ入れ歯相談を行っています。お電話かご予約フォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3992-5316

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~13:00
午後:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3992-5316

〒176-0002
東京都練馬区桜台4-4-5

西武池袋線「練馬駅」より徒歩3分