練馬区で入れ歯・義歯をお考えなら

〒176-0002 東京都練馬区桜台4-4-5
西武池袋線「練馬駅」より徒歩3分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:00 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

03-3992-5316

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

保険の入れ歯と保険外(自費)の入れ歯の違いを教えてください。

保険の入れ歯の場合は、使用できる材料や作製方法が決まっており、そこから逸脱した入れ歯は作れません。一方、自費の入れ歯では、材料や作製方法を自由に決められます。そのため、その方に合った入れ歯をオーダーメイドで作製可能です。

具体的には、自費の治療には以下のようなメリットがあります。

  • 歯ぐきにピタッと合わせるための型の取り方や噛み合わせの取り方を選べる
  • 長持ちする材料や、力いっぱい噛んでも壊れないような材料を選べる
  • 歯並び、色、形を患者さまの要望に合わせられる
  • 汚れがつきにくくなるような仕上げを行える

金属やシリコンなどの材料を使っているから自費の入れ歯だ、という訳ではありません。作り方や手間のかけ方等が、保険の入れ歯とは大きく違ってきます。

入れ歯はどのくらいの期間ででき上がりますか?

患者さまの今のお口の状態によります。現在、何でも食べられて、しゃべるなどの日常生活に支障がない場合は、2~3か月ほどです。

食べられない、お口に合っていない入れ歯を無理して入れている場合などは、まず仮の入れ歯をお作りして、口の動きや筋肉の緊張、あごの動きなどを確認します。その後、噛むトレーニングや飲み込むトレーニングを行い、無理のないお口の動きができるようになってから最終的な入れ歯を作製。そのため、長い方は入れ歯の完成までに1年以上かかることもあります。

その場合も、治療中には治療用の入れ歯を使用いただきますので、入れ歯がなく食事や見た目に困るということはありません。

入れ歯にするかインプラントにするか迷っています。どちらが良いのでしょうか?

どちらが良いとは言えませんが、当院ではインプラント治療は行っておらず、またインプラントを利用した入れ歯も作製しておりません。

その理由は、年齢を重ね、口の中をキレイに保つことができなくなったり、病気で寝たきりになったりした場合、インプラントを良好な状態で保つのが難しいからです。もしインプラント部分の炎症がひどくなり、インプラントを抜かなければならない状況になった場合でも、お身体の具合や服薬の状況によっては、抜歯できずに困ってしまうケースも考えられます。

その点、入れ歯は外しておけば、悪影響はありません。壊れても修理対応が可能ですし、最悪の場合、ご本人に来院していただかなくても対応できる可能性もあります。

私は患者さまのお口の中のことに対して、最後まで責任を持ちたいと考えております。インプラントではそれが難しいと考え、私どもでは入れ歯をおススメしているのです。

ただし、インプラントにはインプラントの良さがありますので、お口の状況だけでなく、さまざまなケースを考慮し歯科医師と相談の上、患者さまにとっての最善の治療を検討いただくのが良いかと思います。

他人に入れ歯と気づかれたくないのですが、可能ですか?

総入れ歯であれば、ほぼ気づかれる心配はないかと思います。部分入れ歯の場合は、バネをかける歯を治療することで、バネがほとんど見えない形の入れ歯を作ることも可能です。

ただ、入れ歯の設計によっては、どうしてもバネが見えてしまう場合もあります。まずは一度ご相談ください。

別の歯科医院で作った入れ歯が合わなくて困っています。作り直していただけますか?

はい。可能です。

保険の入れ歯よりも保険外(自費)の入れ歯の方がよく噛めるのでしょうか?

自費の入れ歯だから噛めるわけではありません。お口の筋肉や舌がきちんと機能して噛める状態になっているかどうか、入れ歯の形がその方に合っているものかどうかで、噛める噛めないが変わります。

保険の入れ歯でも筋肉などが正常に機能していて、お口に合ってさえいれば、よく噛める方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、もしお口の筋肉や舌の状態もリハビリが必要なケースや、オーダーメイドで本当に自分に合った入れ歯を作りたいとお考えの場合は、自費の入れ歯で作製することをおススメいたします。

入れ歯とブリッジはどちらが良いのでしょうか?

その時点で残っている歯の本数や場所、噛み合わせなど、お口の中の状態によって、どちらが良いか決まります。

自費の良い入れ歯を作っても、「壊れるといけないから、あまり固いものを食べるな」と言われるのですが?

歯茎にピッタリと密着し、咬み合わせがきちんとしていれば、そんなに簡単には壊れません。

入れ歯は食べるために作っているのです。何でも食べてください。

硬いものを食べて壊れる入れ歯なら、壊れるほどの噛む力を出せているということですので、逆に喜ばしいでしょう。壊れてしまった場合はすぐに修理いたしますので、お気軽にご相談ください。

新しい入れ歯を作っている間は、入れ歯なしで生活しなければいけないのでしょうか?

現在お使いの入れ歯があれば、修理・調整してご使用いただけます。リハビリが必要な場合には仮の入れ歯を作りますので、ご安心いただけることと思います。

食べてはいけないものはありますか?

基本的に何を食べても大丈夫です。硬いものでも大きいものでも、お好きなものを食べてください。何でも試してみてください。

ただし、歯ぐきや噛み合わせの状態によって、食べにくいものはあります。前歯ではなく奥歯を使ってみるなど、食べ方を工夫すると上手く食べられる場合もあります。もし食べられないものがあった場合には、できる限り食べられるように調整しますが、できない場合もありますのでご了承ください。

保険で作製した入れ歯の場合は、食べ物にも制限がかかることもあるかと思いますので、おススメできません。

以下のページもご覧ください

当院のこだわりの入れ歯治療について、詳しくご説明するページです。お使いの入れ歯が合わないという方もぜひご相談ください。

私どもがご提供する入れ歯治療の種類と、それぞれの治療方法や費用についてご説明しています。

一般的な入れ歯治療の流れについてご説明します。ぜひ、診察前にご確認ください。

患者さまからの「よくある質問」にお答えします。他にも知りたいことがありましたら、お気軽にスタッフまでおたずねください。

待合室や診療台の様子、当院で導入している最新の設備などについてご紹介します。

当院では入れ歯治療でお悩みの方へ入れ歯相談を行っています。お電話かご予約フォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3992-5316

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~13:00
午後:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

03-3992-5316

〒176-0002
東京都練馬区桜台4-4-5

西武池袋線「練馬駅」より徒歩3分